レディー

外付けhddのデータ復旧|プロの人に任せる

破損リスクを避けるには

HDD

hdd(ハードディスク)は、現在もっとも多く使われている記録補助装置です。大容量のデータの読み書きが可能なためあらゆる分野で使われており、コンピューターに内蔵したものから外付けまであります。特に外付けの場合には取り替えが容易で破損したさいの復旧もスムーズに行えます。

もっと読む

アクセスが出来ない時

ハードディスク

外付けhddのデータ復旧は障害の種類や難易度に応じて費用が異なるのが特徴で、障害には物理障害と論理障害の2種類があります。また、物理障害の場合は救出したデータを保存するための外付けhddが必要になる事もあります。

もっと読む

データを救出するために

PC

プロのデータ取出しの環境

パソコンを使っているとき、外付けhddにあったデータを失ってしまった場合、ゴミ箱を空にしただけならまだ自力で復旧できる可能性があります。復旧ソフトを使うときも、外付けhddや別のパソコンで作業するなど、問題のディスクとは別の領域で動かすのが鉄則です。無理そうなら早めに判断して、作業や物理的衝撃をなるべく避けるのが、データ復旧を成功させるには欠かせないことです。データ復旧サービスでは、どんな小さなホコリでも静電気の発生などにより外付けhddに影響するため、クリーンルームでの作業をしているところが多くあります。このことからも、素人が下手にいじってしまうのがhddにとっていかに危険かがわかるかと思います。

ディスクの状態を見極める

外付けhddは持ち運ぶことも多いので、衝撃や故障で全く動かなくなるケースも、論理的な理由で読み書きできないケースもあります。プロが見てみないと復旧できるか否かもわからないものです。復旧サービスには、可能かどうかを最初の診断を無料で見極めてくれるところがあります。このようなところを使うと最初のハードルが低くなります。さらに、復旧できたデータの内容を見てから、納得できたら料金を支払うという成功報酬制の業者が最近は多くなっています。利用者としては、高い料金を払ったのに取り戻せなかったというのはできるだけ避けたいものなので、成功報酬制のサービスは利用しやすくなり、もしものときに役立つサービスの一つと言えます。復旧サービスを提供している業者は多数あるので、可能であれば幾つかの業者に見積もりを出してもらい、比較するのが良いでしょう。インターネットサイトで外付けhdd復旧業者の一覧を紹介していることもあるので、利用すると便利です。

会社の重要なデータを守る

固定ディスク

社内のデータを保存するためには外付けhddを利用するのが早い方法です。二枚のディスクにデータを書き込むraidドライブが安全上おすすめですが、二枚同時に壊れる可能性もあり得ます。いざというときは諦めず、データ復旧のプロにお願いする方がデータを作り直すより時間、コストの上でも得策といえます。

もっと読む